今できる防犯

非常用の保存食 - 災害時に便利

災害時に便利 > 非常用の保存食

非常用の保存食

非常食は災害時などの非常事態により通常の食事が出来なくなったときの為の食料です。
災害時は食料や飲料の入手が困難になる為、非常事態になる前にしっかりと確保して、定期的に期限の確認を行うことが大切です。
また保存期間が長いものが望ましいです。

保存食には下記の食品が良いとされています。
乾パンや缶詰、レトルト食品、インスタント食品です。
これらは賞味期限が1年から2年と長い期間持ちます。
その為上記の食品を日常的に購入し、備蓄しておくことです。

また保存食をただ用意するだけではいけません。
災害時はライフラインが全てなくなるため、簡単に食事や水の配給は行われません。
その為、最低でも3日分は食料を確保するようにして下さい。

私達が普段当たり前のようにしている食事。
ですが、この食事が出来なくなってしまったら、生きていくことは出来ません。
せっかく災害から助かり非難できたとしても、非常用品をしっかりと準備して、非難をしなければ命を落としてしまうことになります。
そうならないように月に1度は非常用品の確認を行いましょう。

無駄の無い保存食の選び方について

地震や大雨などの自然災害が発生すると輸送路が寸断され、物資が行き届かなくなることがあります。
そのため、日頃から保存食を備蓄しておくことが不測の事態に対応するための心得の一つです。
近年では様々なメーカーが工夫を凝らした商品が販売されていますが、自分の生活に必要な物を選択することが無駄の無い備蓄に繋がります。
単に長い年月の間保存できるだけではなく、必要に応じて適度に消費できることが重要です。
一般的な保存食は主食の代用品として用いられることを前提に作られているので、通常の食事に副菜として用いるのが難しい問題があります。
長期間の備蓄に用いる食品は市販されている缶詰や干物など、日常生活の中で普通に消費する食品を選ぶことで効率良く消費することができます。
乳幼児や高齢者が同居している世帯の場合は特に食材に気を配る必要があるので、購入する商品は慎重に選ぶ必要があります。
また、災害時には保存食を持ち歩く場合もあるため、荷物がかさばらないように気を配ることも大切です。
特に缶詰や瓶詰は容器が重たいので複数購入する際は重量も考慮に入れる必要があります。
一般的な住宅に居住する家族世帯では持ち運ぶことができる荷物の量も限られるので、事前に荷物の点検を行うのも災害時の迅速な行動に必要な心得になります。
長期の保存を前提にした食品は同じ食材でも製造するメーカーによって賞味期限が異なることがあるので、保管する環境に適した商品を選ぶのも大切なポイントの一つです。

おすすめWEBサイト 5選

ウェルカムボードや結婚式の引き出物

自然塗料使用の安心ワックス

赤ワインのセットを販売

産直グルメの通販販売

アスベスト除去・解体工事なら株式会社ホームプラン。調査~除去工事~対策~処理を全て一貫して行っております。アスベストにお困りならまずはご相談、お見積り下さい。

アスベスト工事はお任せ!

御茶ノ水のマッサージ店で国家資格所有者による施術でカラダをリフレッシュ。

御茶ノ水で人気のマッサージ店

Last update:2014/9/19

top